社労士試験はテキスト選びがキモ!

社会保険労務士の試験学習の教材のなかで、もっとも重要となるのは学習のベースとなるテキストにおいて他なりません。しかしながら、多くの社会保険労務士受験を目指す方が、間違ったテキストの選び方をしているのが現状です。

みなさんはテキストを選ぶ際、どのようなポイントを重視しているでしょうか。多分、多くの方が「有名シリーズだから」や「大手資格予備校の講師が書いているから」といったイメージ重視派、または「厚く出題範囲がすべて網羅されているから」などの質量重視派であるのではないでしょうか。

もちろん、それらの視点で選び出したテキストが自分のレベルに合い、長い学習期間を完遂できるようなら問題はありません。
 

  なかには受講へと誘導する営業テキストも

しかし、例えば有名シリーズのテキスト内容が本当に自身の知識レベルに合っているのかなど、購入し実際に学習を始めてみるまでわかりません。また、資格予備校が出版するテキストには、核心部分をボヤかし、結局、資格予備校への通学へと誘導するような〝営業テキスト〟的なものもあると聞きます。

さらには、辞典のようにぶ厚く出題範囲のすべてを網羅するようなテキストでは、労務や社会保険に関する業務経験も知識もない初学者の方にとってあまりにハードルが高すぎてしまい、その知識を自分のものに出来ないまま学習途中で放置してしまう例を多く耳にします。

では、業務経験に知識もない初学者の方は、どのような視点やポイントでテキストを選ぶべきなのでしょうか。

次ページからは、初学者が最適なテキストと出会うための選び方のポイントをはじめ、学習効果を倍増させるサブ教材と利用法、そして、効率的な学習方法に多忙な社会人でも毎日学習時間を確保する方法など、学習範囲の広い社会保険労務士試験の効果的な学習ノウハウやテクニックを紹介してまいります。

社会保険労務士試験の場合、初学者が合格レベルに達するまでには最低でも1年間の学習が必要とされ、また、試験も2、3回(年)の挑戦が当たり前とされている難関の国家資格です。そのためにも、学習のベースとなるテキストは慎重を期して、自身に最適なものを選んで欲しいと思います。



社会保険労務士のテキストも重要ですが、
教材はトータル的に良くなければいけません。
そのために最適なのが通信です。
そこで、通信のことを詳しく書いてあるサイトを紹介します。
社会保険労務士の通信講座について

 
 
Copyright © 2011 社会保険労務士 合格へ導くテキスト All rights reserved.