通信講座のテキストがお勧め!

初学者に選んで欲しい「わかりやすく敷居の低いテキスト」。しかし、その存在が書店で見つけられないなら、どこで探せば良いのでしょうか……。

そのテキストは通信講座に存在しています。何故、通信講座のテキストが初学者向けのテキストなのか、それは考えてみればもっともなことなのです。

例えば、資格予備校におけるカリキュラムのメインとなるのが、当然のことながら講師による講義です。つまり、資格予備校で使用されているのが出題科目を全網羅する旧来型のテキストであれ、講師がその中から出題傾向の強い重要なポイントのみを抜粋し、わかりやすく講義すれば良いだけの話です。

つまり、資格予備校にとってテキストの存在はあまり重要ではなく、ゆえにテキストの内容も極端に言えば進化させる必要がないのです。

 

  通信講座のテキストは門外不出の秘伝の書

対して通信講座といえば、学習の形態としては自宅で自ら行う独学と同様のスタイルです。そしてもちろん、学習のベースはテキストです。となれば、テキストの解りやすさこそ通信講座の生命線といっても過言ではありません。

各通信講座は、誰もがスムーズに学習を始めることができ、また、長期間に渡る学習期間でも無理なく学習を継続してもらえるよう、わかりやすさを重視したテキスト作りを徹底的に心がけて製作されています

もちろん、通信講座のわかりやすいテキストは、その講座の受講生だけが手に入れられる、いわば〝秘伝の書〟。書店で入手することはできないのです。

また、テキストや問題集から自身で集めることから始める独学とは違い、通信講座にはテキストでの不明点や疑問点に無料で解答してくれる質問体制や、受講生のみが使用できるパソコンや携帯電話のネット環境を活用したカリキュラムが存在しているなど、様々な学習&サポート体制が整っています。

さらに! 昨今の通信講座ではテキストと同様に受講生の合格率を飛躍的に向上させた、ある〝スペシャルな教材〟を付属した講座がスタンダードになっています。次ページでは、その教材の魅力について紹介してまいります。

 
 
Copyright © 2011 社会保険労務士 合格へ導くテキスト All rights reserved.