最強コンビのテキスト&DVD

テキストと同様に、現在の通信講座におけるスタンダードとなりつつあるスペシャルな教材、それがCDやDVDによるメディア教材(講義)です。

従来は本当にテキストだけだった通信講座に、資格予備校と同様に現役講師からの講義を受講できるようになったメディア講義の存在は、それまで通信講座につきまとっていた「安かろう悪かろう」というイメージを払拭し、いまでは「講師の講義を受けられるなら、資格予備校へ通う必要がなくなった」と言われるほど、通信講座の存在価値を高めることになりました。

とはいえ、未だ資格取得の学習には「資格学校がもっとも効果的」という風潮にあります。確かに熟練の講師による講義は非常にわかり易く、かつ講義中に疑問点があってもその場で質問し解消することが可能なため、不明点などをそのままにすることなく学習を進められ、効果も高いことは間違いありません。

 

  資格予備校への通学は今や現実的ではない

しかし、問題は資格予備校の高額な受講料です。例えば、大手資格予備校における社会保険労務士講座の受講料は、全50回の講義で20万円! 
しかも、学校は首都圏や都市部にあるため、必ずしも通勤路に存在しているわけではありません。となれば最寄り駅やバス停までの交通費が必要となり、例えば毎回往復で500円かかる場合、全50回の講義を受ける場合には、2万5千円もの交通費が必要になるということです。

さらに、平日の講義19時の開講が通常です。しかし、民間企業に勤める会社員が、50回の講義に毎回19時まで確実に出席できるかといえば、現実的ではありません。遅刻や欠席が続けば講義についていけなくなることは確実。20万円もの投資をした結果、挫折してしまっては目も当てられません。

その点、通信講座の受講料は、一般的な資格予備校の1/3から半額とリーズナブル。自分のスケジュールに合わせて学習を進められる自由な学習形態も、多忙な社会人のライフスタイルにマッチした学習法といえるでしょう。

そして、わかりやすく敷居の低いテキストと資格予備校と同様の講義を自宅で受けることができるメディア講義という最強コンビの教材……。
通信講座は、今や金額、時間、教材のすべてにおいて現代を生きる社会人に適した学習環境を提供してくれる理想の学習方法といえるのです!

 
 
Copyright © 2011 社会保険労務士 合格へ導くテキスト All rights reserved.