社労士試験の難度と必要な学習期間

さて、ここで〝難関国家試験〟とされる社会保険労務士試験が、どれほどの難度であるのかご存じでしょうか。試験の難度を示す代表的な指標に合格率があります。社会保険労務士試験における過去5年の合格率を見てみましょう。

【社会保険労務士試験・過去5年の合格率】
実施年 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成22年(2010年) 70,648人 55,445人 4,790人 8.6%
平成21年(2009年) 67,745人 52,983人 4,019人 7.6%
平成20年(2008年) 61,910人 47,568人 3,574人 7.5%
平成19年(2007年) 58,542人 45,221人 4,801人 10.6%
平成18年(2006年) 59,839人 4,6016人 3,925人 8.5%

5年間の平均合格率は8.56%。つまり、10人受けても1人も合格できないということであり、この数字から見ても社会保険労務士試験が難関であることがおわかりいただけると思います。その一方、直近の平成22年の試験では申込者が7万人を超えるなど、その人気の高さを表しています。

 

  合格への最短距離は毎日の積み重ね

合格率が1割にも満たず、また、2、3回(年)の受験も当たり前とされる社会保険労務士試験ですが、一般的に初学者が合格レベルに達するまでには1000?1500時間の学習が必要とされています。

1000?1500時間もの学習時間を消化する場合、例えば平日2時間土日は各5時間の週20時間を学習に費やしたと想定するならば、50週?75週間、つまり、約1年?1年半もの学習期間が必要となります。

しかし、あくまで1年?1年半という学習期間は効率良く学習を進められた場合の最短距離です。「今日は疲れたから、明日頑張ろう」などと怠け心に忠実なようでは、その学習期間は2?3年にも及んでしまい、その結果、志半ばで挫折してしまうことも珍しくはありません。

社会保険労務士試験のための学習を最短距離で駆け抜けるためにもっとも重要なのは、毎日の学習をコツコツと積み重ねること以外にありません。そこで次ページでは、多忙な社会人でも毎日の学習時間を確実に捻出し、確保できるテクニックを紹介したいと思います。

 
 
Copyright © 2011 社会保険労務士 合格へ導くテキスト All rights reserved.