まずDVD講義を一気に試聴する!

通信講座における学習のベースはテキストにあると前述しました。しかし、何の経験に知識もない初学者の方が、1000?1500時間、1年?1年半にも及ぶ社会保険労務士の試験学習をテキストから入ることはお勧めしません。

なぜならテキストから学習をはじめると、すべての知識を吸収しよう蓄積しようと最初から意気込んでしまい、その結果、社会保険労務士試験における膨大な出題範囲に脳がオーバーフローを起こしてしまうからです。

初学者の方が学習の最初にやること。それは、学習範囲の全体像を大まかに把握することです。そして、そこで活用する教材はテキストではなくCDやDVDといった講義メディアに他なりません

 

  DVD講義は脳のメカニズムに即した学習法

なぜ、テキストではなくDVDなどの講義メディアを試聴するのか。それは、講義メディアの特性と効果が関係します。静止メディアであるテキストに対し、講義メディア、特にDVD講義は動画メディアです。つまり、視覚だけを刺激するテキストに対し、DVD講義は視覚に加え聴覚をも刺激します。

脳における記憶のメカニズム的には、より多くの感覚器官を刺激した方が効果的であることが立証されています。つまり、最初にDVD講義を試聴した方が、流し試聴であれより多くの知識を記憶できるということなのです。

しかも、〝大まかに把握する〟という前提があるため、特に初学者の方にはプレッシャーにならず試聴することが出来るため、膨大な学習範囲の社会保険労務士試験の学習を、敷居を低く始めることができるからなのです。

とはいえ、脳への記憶はテキストよりも効果的であるため、DVD講義を試聴した後のテキストを使用した詳細な学習でも、無意識に覚えている知識があり、ある程度の基礎知識を持ってストレスを少なく進めることができるのです。

学習の順番は、『DVD講義の試聴からテキストへ』がベストです。そして、ある程度テキストでの学習を終えた後は復習となるわけですが、大半の方がこの復習を苦手としています。しかし、復習せずして知識の定着はなく、知識が定着していない状態での合格はありえません。そこで、次ページでは前向きな気持ちで復習を行える、とっておきのテクニックを紹介しましょう。

 
 
Copyright © 2011 社会保険労務士 合格へ導くテキスト All rights reserved.